ガーデン霊園

いまガーデン霊園という西洋庭園のような霊園のスタイルが一般的になってきました。一昔前なら肝試しに相応しいような暗くてジメッとした印象の墓地が普通にあったのですが、それは主流ではなくなりました。

ガーデン霊園は、通路と区画がしっかりとされていて、芝生が植えられタイルが張られ、墓石も統一感あるものであって、見た感じとしても印象が良いと感じられます。しかも通路がしっかり確保されて、遠くまで見通しが良いということでも開放感を得られます。

なにか住宅地がぎっしり隙間なく埋まっているのに比べても、死後の世界のほうが安らかなのではないかという印象すら受けます。

霊園の墓石についてですが、かつては墓石というと伝統的な数段の石を重ねたものが一般的でした。ガーデン霊園の墓石はこじんまりとしていて、従来の墓石に比べて迫力はありませんが、すっきりとしている印象を受けます。立派な墓石になると築造費用がかかることになるのですが、小さな墓石だったら安く済むこともポイントです。

周辺に立派な墓石ばかりだと自分のところも立派に、というのが旧来の日本的発想でした。ガーデン霊園はみんな同じ形の墓石にすることが多いので、そうした気遣いは不要となってきますし、心情的にも金銭的にも、墓の所有者に優しいと言えそうです。

墓の手入れという意味では管理者がいることで、手入れの必要が無いこともありますので、ガーデン霊園はポジティブな感覚に満ちているでしょう。

http://www.amanoya.net/k05_smg.html