東京の西部に位置する有名な霊園に多摩霊園があります。

多磨霊園は昭島から近いため、非常に広大な敷地に墓碑が並んでおり、霊園の周りを散歩するだけでも数時間ほどかかってしまいます。週末になるとウオーキングを楽しむ人が見られます。数十の区画があるので区画内を歩き回っていると迷いがちです。地図の看板があちこちに立っているので、散歩する場合は頻繁に地図を確認したほうが良いでしょう。

多磨霊園には東郷平八郎や山本五十六などの有名軍人のお墓があるので、歩きながら第二次世界大戦の頃を思い出すのも良いでしょう。

霊園を歩いていると何かしら強いパワーを感じることができます。それは祖先が与えてくれる知恵かもしれませんし、私達を天国から見守ってくれているという支えかもしれません。スピリチュアルに詳しい方ならば霊園が強力なパワースポットであることを理解できるでしょう。

霊園はとても静かな場所ですので、実は勉強にも適しています。入場料をとるような霊園でなければ公園と同じように散歩するのは自由ですし無料です。

学生であれば授業で配布されたプリントを読みながら霊園内を歩いても良いですし、ビジネスマンであればビジネス書の音声をイヤホンで聞きながら歩くと勉強が捗るかもしれません。

ご先祖様が眠っているお墓の間を歩くことで、ダラしない姿は見せられないという緊張感も湧いてきます。
霊園と聞くとお墓参りの場所と思いがちですが、実は他にも利用法があることを覚えておいて損はないでしょう。

私は昭島に住んでいるため、近い霊園は多磨霊園です。家にいると行き詰まることも昭島から出て霊園で物思いに耽ると、案外シンプルに物事を整理できたりしました。

西多摩霊園の公式ホームページ